システムエンジニアの世界

来ないiPad 個人輸入、届けば中身カラッポ(産経新聞)

 米国で今年4月に先行販売された米アップル製の新型多機能情報端末「iPad(アイパッド)」をめぐり、日本発売が待ちきれず、米国の知人や業者を通じて個人輸入した日本のユーザーの元に、商品が入っていない空箱が届く被害が相次いでいることが14日、分かった。いずれも国際スピード郵便(EMS)を利用し、ニューヨーク経由で届いた荷物で、流通過程で何者かが商品を抜き取った疑いがある。iPad人気の副産物ともいえるトラブルに被害にあったユーザーは落胆を隠せない。

 「荷物を受けとった瞬間、あまりにも軽いので、すぐに何も入っていないと気付いた」

 科学作家の竹内薫さんもその一人。iPadの使用感をいち早く記事にしようと、4月15日にネット通販の米アマゾン・ドット・コムの出店業者に注文し、EMSで商品を送ってもらった。費用は送料込みで約700ドル。到着を心待ちにしていた竹内さんは、荷物の状況をインターネットで追跡できるサービスを利用、ニューヨーク経由で18日に成田空港に荷物が届き、21日に税関を通過したことも確認した。

 ところが、22日午前に自宅に届いた荷物は、無理やり開けられた形跡こそなかったが、箱いっぱいに緩衝材が詰まっていただけだった。竹内さんは「注文から1週間、心待ちにしていたので、魂が抜けたようになってしまった」と話す。

 送られてきた箱はアップル社のものではなかったものの、箱に付けられた通関手続き書類の品名欄に「iPad」と記入されており、配送にかかわる関係者であれば、だれにでも中身が分かる状態だった。

 日本でEMSを扱う日本郵便(JP)に連絡すると、この時点で同様の被害が4件発生しているといわれた。USPS(米郵政公社)のニューヨークの集配所経由で送られてきたものばかりという。ネット上で個人の「つぶやき」を投稿するツイッターでも、竹内さんの周辺で5件の被害が確認されているという。

 JPによると、顧客からの最初の相談は4月12日に寄せられており、現在の被害件数を調査中。「日本到着前に内容品がなくなっていたと思われ、米国へ調査依頼を行う予定」としている。国際航空貨物を扱うフェデラルエクスプレスやヤマト運輸では、同様の被害相談はないとしている。

 竹内さんは「被害の発生を知っていれば、ニューヨーク経由を避けたり、他の業者に頼んだりといった対策が打てたのに」と話している。

 アップル日本法人は「お客さまが個人的に輸入されたものについてコメントはできない」としている。

 ■iPad 画面に触れて操作するタッチパネルを採用し、電子書籍やネットの閲覧、ゲームなどが楽しめる電子端末。4月3日に先行販売された米国では、1カ月足らずで販売台数が100万台に到達。生産が追いつかず、米国以外の9カ国での販売は約1カ月延期され、今月28日となった。10日に日本での予約受付が始まったが、注文が殺到し、12日夕にいったん家電量販店の店頭での予約が締め切られた。日本での販売価格は4万8800円から。

【関連記事】
次世代iPhoneの試作機、ベトナムに現る?
ソニーもタブレット端末を開発か 「いずれ紹介できる」
孫社長「武器渡せない」 iPad販売でSIMロックの理由語る
iPad、予約停止 「世界的に品薄」理由に
「iPad」販売店を絞り込み アップルまた“強権”で混乱も
少子化を止めろ!

<振り落とし殺人>2容疑者を逮捕 京都府警(毎日新聞)
<郵便不正>「凜の会」発起人に有罪判決 大阪地裁(毎日新聞)
JCO臨界事故で健康被害 住民側の敗訴確定(産経新聞)
<小1虐待>母を書類送検 暴行手助けした疑い 三重・鈴鹿(毎日新聞)
信号無視バイク、追跡中転倒21歳逮捕 堺、酒気と無免許(産経新聞)
[PR]
by 8217a6lc3z | 2010-05-20 00:36
<< 首相会見、延期(時事通信) <野口聡一さん>「宇宙授業」I... >>